トップ

不動産の震災に対する備え

不動産を震災から守る

アパート

不動産を購入して地震が起きた

不動産、特に建物を購入して地震が起きた場合にはどのような準備をしておく必要があるかと言えば、事前準備として大きな地震が起きても大丈夫なように保険に入っておく必要があります。また、耐震設計の家あるいは免震設計のマンションを選ぶ必要があります。保険に関しては、天災が増えている現代では10年、20年の保険ではなく一律で5年間契約となります。これは国が定めていることですので、どの保険会社の保険でも同じです。また、火災保険に入っていても大きな揺れが原因で不動産が燃えた場合は保険は適用されませんので、その点は注意が必要になります。

地震から物件を保護するには

不動産の立地に必要な条件として、地震に対する強さを持っていることが重視されます。1981年に建築基準法の抜本的な改正が行われてからは、耐震化の重要性が世間にも広く認知されることになりました。建物や地盤の特性に合わせて柔構造や剛構造を選び、不動産物件を地震から守る手立てが行われます。1981年よりも以前に建てられた建物を有する場合には、耐震工事によって強度を高める手法が採用されます。古い建物も含めて耐震化を促進することは、過去の大震災の教訓によって進められています。さらに、避難訓練も同時に行って、防災意識を高める試みも行われています。

↑PAGE TOP

© Copyright 不動産の震災に対する備え. All rights reserved.